ブランディングの重要性

人へ効果的に伝達・認知してもらう方法・・・ブランディング。


「ブランディング」。最近よく耳にする言葉です。簡単に言えば「会社や商品を好きになってもらい、
ファンをつくり、繰り返し利用していただくこと」を意味します。


では、実際に何をすればよいか?

まず、企業イメージを整え、構築することです。
社長及び社員・スタッフの「印象」や、サービスなどの「対応」、商品の「質」が
ロゴ、名刺や販促物などのデザインとバランス良く整合したとき
ブランドのイメージが上がり、人々は気になり始めます。


繰り返し見たり、体験することにより、人々の心に蓄積されて
ブランドとして認知されます。


例えば

ソフトバンクを見てみましょう。お店やスタッフ、商品のイメージと
POPやチラシ(デザイン)のイメージが見事なまでに一致していますよね。
新聞の大量な折り込みチラシの中で、ソフトバンクのチラシはすぐに目に留まり判別することが出来ます。
これはブランド・イメージが浸透していることを意味します。

企業クォリティとデザインのイラスト

ウッドマンはブランディングの中の「デザイン」を担当させていただきます



backnext
  当サイトの画像及び文字の所有権は制作者WOODMANにあります。
無断での使用・複製・転載は禁止とさせていただきます。
プライバシーポリシー地域リンクデザインリンク Copyright 2009-2013 WOODMAN All Rights Reserved.